雨の日だけの約束のない逢瀬 【言の葉の庭】 新海誠 / アニメ映画 /ネタバレ含む感想・無料で見る方法

じゃあまた会うかもね もしかしたら 雨が降ったら

いや~、やっと梅雨が明けましたね~
僕は梅雨の時期が一年の中で一番苦手なんです。

暑いのが苦手なのに
暑いうえにじめじめしてるってもう発狂もんですよ。

でもそんな僕でも、梅雨関連で唯一好きな作品があって
「言の葉の庭」っていうアニメ映画なんです。

この作品の監督は
現在公開中の「天気の子」の新海誠監督の作品なんです!
「君の名は」の監督でもあり、爆発的なヒットを生み出した監督です!


あらすじ

靴職人を目指す高校生のタカオは、雨の日は決まって授業をさぼり
いつも行く庭園で靴のデザインを描いていた。

そんなある日、彼はいつもの庭園で
昼間からお酒を飲んでいる年上の女性、ユキノに出会う。

雨の日の、約束のない逢瀬を重ねていくにつれて
少しづつ心を通わせていく二人。

歩き方を忘れてしまったユキノに、靴を作ることを決意したタカオだったが
梅雨は明けようとし始めていて…

登場人物

  • タカオ (秋月孝雄) CV:入野自由

靴職人を目指し、日々制作活動をしている高校生。
家庭環境の影響もあり、大人びている性格。料理が上手。

 

  • ユキノ (雪野百香里) CV:花澤香菜

タカオが雨の日に庭園で出会った謎の女性。
実はタカオが通っている高校の古典教師。

【言の葉の庭】のここが良い!

二人が心を通わせていく過程を繊細に描いている

この映画は、実は46分っていう短めのアニメーション映画なんですけど
その46分の間に、二人が心を通わせていく過程が繊細に、とても丁寧に書かれていいるんです。

どこかで会ったようなと思い声をかけるタカオでしたが
彼女はいきなり短歌を吹っかけてきたり、チョコレートをおつまみにビールを飲んだり
「人間なんて、みんなちょっとずつおかしいんだから」と意味深なことを言ったりする。

そんな謎めいた年上の女性に、タカオは次第に心が惹かれていく

現実味の無い、馬鹿にされる話だと思われるからと、誰にも打ち明けなかった靴職人になりたいという夢を
はじめて他人に、名前も知らない女性のユキノに打ち明ける。
そして、雨の日を待ちわびているタカオ。

しかし、自分とは違う大人の世界にいるユキノを見ていると
今自分のいる世界は子供じみていて、距離を感じてしまい焦りを感じ始めます

家庭環境のせいか、高校生にしては大人びているタカオの心が描かれています。
無理に早く大人になる必要なんてないのに、焦って大人になろうとしている。誰にもこういう時期はあったんじゃないでしょうか。

一方で、ユキノもまたタカオとの出会いを通して心の変化が生まれます

不器用ながらも、自分のお弁当を作ったり
今まで味のするものはビールとチョコレートだけだったのに
タカオのお弁当は味がすると別れた恋人に報告しています。

そんな中、ユキノはタカオにお弁当のお礼として靴づくりの本をプレゼントします。
そこでタカオは女性のために靴を作っているから、誰の靴かは決めてないけど、と協力してほしいとユキノに申し出ます。

足のサイズを測っている最中、ユキノは初めて自分のことを語ります。
「私ね、うまく歩けなくなったの。いつのまにか。」
そこで初めてユキノが悩みを抱えることをタカオは知るのです。

お互い少しずつ通わせていたはずが梅雨は明けてしまい
雨の日の約束のない逢瀬はなくなってしまいました。

ユキノがたくさん歩きたくなるような靴を作ろうと靴づくりを頑張るタカオ。
心の傷は癒えず、同じ場所にいるままだと感じるユキノ。

そんな二人は夏休み明けに、学校で再開をします。

そこで友人から、ユキノが自分の学校の古典教師で
学校の女子から逆恨みを買い、いじめを受けていたことをタカオは知ります。

その話を知り、その女子の頬をひっぱたくタカオ。取り巻きにボコボコにされてしまいます。

二人は再び庭園で出会いますが、突然の豪雨のせいでびしょ濡れになり、ユキノの家に駆けこみます

二人で食事を食べながら穏やかな時間を過ごす二人。
「今まで生きてきて、今が一番幸せかもしれない」と思います。

タカオはユキノに思いを打ち明けますが、ユキノはタカオを受け入れることはしませんでした。

タカオはそれを聞いて部屋を静かに出ていきますが
タカオとの何気ない会話を思い出してはっとしたユキノは彼を追いかけ飛び出します。

それまでは大人びていましたが、初めて感情を爆発させるタカオ。
やっぱりあなたが嫌いだ、自分が子供だっていうこと、夢を語るなんて馬鹿げたこと。

タカオが泣きながら初めてぶつけた感情に
ユキノ自身も泣きながら自分の苦しみとタカオへの感謝を打ち明け、二人は泣きながら抱きしめいます。

そしてエンドロール後には
四国で教師をしているユキノ、ユキノのためにつくった靴を庭園に置くタカオが描かれています。

46分と短い時間に話がすっきりとまとめられていて、長い間映画を観るのが苦痛な人でも観やすいんじゃないでしょうか。

息をのむような美しい描写

町の風景、食材、風に揺れる草花、そして雨、すべての描写が美しいんです。

「君の名は」を観たことのある人はわかると思いますが、新海誠監督の描写はとても細かくて
実際にその風景を見ているように感じるんですよね。
雨の描写を描かせたら新海誠監督の右に出る人はいないんじゃないかって勝手に思ってます(笑)

また今作のキーワードである雨は美しいだけじゃなく
タカオとユキノの心情もあらわす重要な役割を果たしています。

特にそう感じられるのはラストに向けての雨の描写

二人が再開してからの激しい雨
二人が穏やかな時間を過ごし幸せを感じ始めた時に流れる静かな雨
そして、二人がお互いに想いを打ち明け、次第に晴れてくる空

ラストのこのシーンは何度見ても涙を流してしまいますね。
お互いが再び歩き始めるのを祝っているような感じがしてとても好きです。

まとめ

今回は梅雨の時期にぜひ観てほしい映画【言の葉の庭】を紹介しました!

【天気の子】や【君の名は】で新海誠監督に興味を持った方は観てみてはどうでしょうか!
46分と短く、空いた時間に見るのもいいですね!

そして、【君の名は】のワンシーンではユキノ先生も登場していますので【言の葉の庭】を観て
【君の名は】をチェックするのもまた面白いと思いますよ!

無料で観る方法

【言の葉の庭】はU-NEXT、Amazonプライムビデオ両方で無料期間内に見ることが出来ます!

U-NEXTとAmazonプライムの記事はこちら!

U-NEXTって実際どうなのよ?-腐男子ゲイが半年間使ってみた正直な感想 特典や料金など

Amazonプライムって実際どうなのよ? 特典・料金・無料期間などなど

補足

この作品、実は新海誠監督ご自身が書かれた小説が出版されています!

映画では語り切れなっかった、タカオが靴職人を目指すきっかけとなった話、ユキノが心の傷を負った話、彼らの周りの人物の話などがオムニバス形式で書かれています。

その話を読んだうえで、またこの映画を観るとより一層楽しめますよ!

またエンドロール後の二人も描かれているのでぜひ!

単行本、文庫ともに出ています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です